TOPへ戻る ひとつ前へ戻る

技術資料
熱貫流率 > 技術資料TOPへ

室内外の温度差のよる熱エネルギーの移動(損失)に関する性能を断熱性能と言い、その性能値を熱貫流率で表します。

熱貫流率は、例えば冬の夜に、室内から室外へ窓を通して熱が移動する時、1時間・1u当り移動する熱量を室内外の温度差で割ったものです。値が低いほど断熱性能が良いことになります。

また、断熱性能が向上すると、室内側のガラス表面の温度が下がりにくくなる為、結露が発生しにくくなります。

前のページへ次のページへ


TOPへ戻る ひとつ前へ戻る