TOPへ戻る ひとつ前へ戻る

技術資料
板ガラスの主原料 > 技術資料TOPへ

珪砂・ソーダ灰・石灰石が三大主原料で、その他少量の成分(マグネシア・アルミナ・酸化鉄)が含まれます。

イラスト

珪砂 (SiO2)
……ガラスの骨格となる成分で、板ガラス原料の内70〜72%を占める主成分。

ソーダ灰(Na2O)
……溶解の際、融点を下げる働きをする成分で珪砂に次いで原料の12〜16%を占める。

石灰石(CaO)
……石灰は、高温でガラスの粘性を良くする成分で、原料の中約12%を占める重要な成分。

マグネシア(MgO)
……粘性の温度による変化を和らげたり、失透性(結晶化)を低減する性質がある。

前のページへ次のページへ


TOPへ戻る ひとつ前へ戻る