TOPへ戻る ひとつ前へ戻る

ガラスを安全にお使いいただくために
ガラスを使用する場所について
> 使用上 > メンテナンス > クリーニング > 使用する場所 > 特殊なガラス > 防犯 > 加工

使用される場所により、台風時の強風なども考慮した耐風圧強度や物が飛来してきた時や人がぶつかった時などの耐衝撃強度をご検討の上、ガラスの品種・実際の厚さを選定してください。

また、地震時には窓枠が変形しガラスの破損による事故が考えられます。窓枠とガラスのクリアランスを充分にとって変形を吸収し、ガラスの破損を防止するようご検討下さい。

他にトップライトなど垂直以外の角度になる場所へのガラスの設置は、風圧や積雪、ガラス自重など特別な強度設計が必要です。万が一の破損時に備えた落下防止措置も必要です。
前のページへ次のページへ



TOPへ戻る ひとつ前へ戻る