TOPへ戻る ひとつ前へ戻る

ガラスを安全にお使いいただくために
メンテナンスについて
> 使用上 > メンテナンス > クリーニング > 使用する場所 > 特殊なガラス > 防犯 > 加工

1. ほこりやちりによる汚れ
ほこりやちりが付着したままで長時間放置しておくと、普通のクリーニングでは落ちなくなる場合があります。この場合は研磨剤など特殊な方法での清掃をする必要があり、傷をつけずにクリーニングすることが困難となってきます。定期的なクリーニングをしておけばほこりやちりの汚れは問題ありません。

2. タバコのヤニなどの汚れ
これらの汚れは砥粒を含まない中性洗剤(食器洗い用など)を使うと、大部分の汚れを落とすことが可能です。

3. 水道水による汚れ
水を浴びて乾燥することが繰り返されるような箇所のガラスには、水垢で表面が白くにごることがあります。この汚れは、普通の清掃では落とすのが困難になりますので、ご注意下さい。

4. その他、汚れ全般に関して
無理に汚れを取ろうと強い洗剤を使用したり、過度の力を加えますと傷や破損の原因となります。ガラスの種類により清掃には充分ご注意下さい。

前のページへ次のページへ


TOPへ戻る ひとつ前へ戻る