TOPへ戻る ひとつ前へ戻る

ガラスを安全にお使いいただくために
使用上のご注意
> 使用上 > メンテナンス > クリーニング > 使用する場所 > 特殊なガラス > 防犯 > 加工

1. ひび(クラック)について
ガラスにクラックが入った場合は放置せずに、なるべく早めに取替えすることお薦めします。
そのまま放置しておきますと、手で触れたり、風の影響などで簡単に破損する場合がございます。
また、ガラスのエッジ部分は非常に危険ですので、お取替えは専門の業者にご連絡下さい。

2. 熱割れについて
冷暖房用の吹出し空気をガラス面に直接当てたり、ガラスに密着するような家具の設置は、ガラスに熱をこもらせて熱割れの原因になります。また、ガラスに紙を貼ったり、ペンキなどを塗ることも熱割れの原因となります。さらにガラス面のクリーニングが困難になります。


3. 傷について
サンクリーン(光触媒)ガラスなどのコート面を硬いもので擦ると傷がつく恐れがあります。砥粒を含んだ洗剤や酸、アルカリ度の強い洗剤の使用または乾拭きなどはキズの原因になりますのでご注意下さい。普通のガラスにつきましても、ガラスより硬いもので擦ると傷が入りますのでご注意下さい。

次のページへ


TOPへ戻る ひとつ前へ戻る