TOPへ戻る ひとつ前へ戻る

暮らしの窓の5つのポイント
安心して毎日を暮らすために
> 快適室内 > 安心生活 > 美的生活 > 明るい暮らし > 省エネ生活

空き巣の増加 検挙率の低下

年々増え続ける犯罪とともに、空き巣の増加、凶悪化が加速しています。 防犯対策は、鍵の強化が一般的ですが、ピッキング対策や補助錠だけでは十分といえません。

空き巣は窓からやってくる

空き巣といえば、一時期話題になったピッキングを連想しますが、実は最も多い侵入手段は「ガラス破り」なのです。

破りにくいガラス 防犯合わせガラス

対策としては防犯合わせガラスが考えられます。 二枚のガラスの間に特殊中間樹脂膜を挟み、加熱圧着したガラスで、優れた防犯性・安全性を実現します。

他の普通のガラスや網入りガラスと破損形状を比べると一目瞭然です。 ガラスを破るのには非常に大きな音とかなりの時間を費やします。
防犯合わせガラスの強度テスト 空き巣の約7割が5分で破れなければあきらめるというデータもあり、防犯対策としては非常に効果的です。

また、破れにくい、破片が飛び散りにくいという性質から、万が一の安全性の高さも見逃せません。
防火用ガラス 網入ガラス

網入りガラス火災の時に炎や火の粉が広がるのを防ぎ、延焼を抑えるのが網入ガラスです。 また、金網が入っているので、合わせガラスほどではありませんが、破損時の飛散防止効果もあります。

複層ガラスとして組合わせて使えばその可能性はさらに広がります。 法規上、防火設備が決められた箇所には使用が義務付けられています。
前のページへ次のページへ


TOPへ戻る ひとつ前へ戻る