TOPへ戻る ひとつ前へ戻る
窓ガラスのQ&A
複層ガラスに関するQ&A > 複層ガラス > Low-E > 防犯 > アタッチメント
質問 複層ガラスにすると、結露はしませんか?

回答 お住まいの窓ガラスを複層ガラスにすることで、100%結露が緩和されるわけではありません。
普通の複層ガラスは、1枚ガラスに比べて結露を緩和する効果は得られます。

ただし、結露は外気温と室内温、室内の湿度、ガラス表面の温度により、発生状況は異なります。
結露対策として一番重要なことは複層ガラスの種類や室内の環境が主になります。窓ガラスの結露をより効果的に抑えるには、空気層が充分に(12mm〜14mm)確保されたLow-E複層ガラスの導入や、室内に湿気を溜めない工夫、定期的な換気を行うことが効果的な結露対策の一つです。

特に結露が発生しやすい場所の参考例
・出窓
(建物の外壁面から突出しており、外気の影響を受けやすくかつ室内の湿気の溜まり場になりやすい)

・寝室
(就寝中の人の呼吸等により、湿気が室内に充満しやすい)

・浴室
(家の中で湿度が高い空間の一つ)

・冬、カーテンを閉めた状態の東面の窓ガラス
(冬の朝、冷えた状態の窓ガラスへ急激な温度の上昇が起こるため)



TOPへ戻る ひとつ前へ戻る